ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おせん | main | ととろのトンネル >>
2017.04.12 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.11 Wednesday

USB HDDの共有ができない

ここのところ急にDC-MC35UL2からPCに接続したUSB HDDの中が見えなくなる現象が発生していました。

我が家ではPCにUSB HDDを接続、DC-MC35UL2からLAN経由で動画をTVで見ることができるように組んでいます。
なのでにっきがヤッターマンやケロロ軍曹が見たい」といってもこの現象が直らないとTVでみることができない・・・

今日は昨日から風邪をひき発熱したの(37.8)で会社を休んでいますが午前中は寝て、昼ご飯を食べた後、あらためてこの現象にチャレンジ。

現象はPC本体のHDDの共有は問題なくアクセスできるが、PC本体に接続されているUSB HDDの共有名は見えるけどその下のファイル、フォルダが一切表示されないと言う状態。
価格COMやメーカーのサイトをみて、共有設定やアクセス権を見ても正しい設定だしぃ・・・

イベントビューアを見てようやく原因がつかめた

「サーバーの構成パラメータ "irpstacksize" が小さすぎるため、サーバーはローカル デバイスを使用できません。このパラメータの値を大きくしてください。」

LANMAN サーバーでの IRP スタック サイズの変更

MSのサポートページに現象が記載されていた。

IRPStackSize の値が明示的に存在しない場合は、デフォルトの値 0x4 が使用されます。キーが存在しない場合は、レジストリ エディタで [値の追加] をクリックします。[値の名前] には IRPStackSize を、[データ タイプ] には [REG_DWORD] を指定します。


解消方法を具体的に記載すると

Windows 2000/XP 上の共有フォルダにアクセスすると、「このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーに確保できません」や「メモリが足りません」というメッセージが表示されてアクセスできないことがあります。
多くのケースでは、Server サービスが使用するスタック領域が不足していることが原因なので、次の手順を実行してスタックサイズを増やしてください。
1.共有フォルダを持つ Windows 2000/XP に管理者でログオンします。
2.[スタート]−[ファイル名を指定して実行] から regedit を起動します。
3.HKEY_LOCAL_MACHINE ¥SYSTEM ¥CurrentControlSet ¥Services ¥LanmanServer ¥Parameters を展開します。
5.[編集]−[新規]−[DWORD 値] をクリックし、IRPStackSize 値を作成します。
6.IRPStackSize 値をダブルクリックし、データに 11 よりも大きい数値を記入して「OK」します。
7.Windows を再起動します。
この現象は、Windows 2000/XP で USB や IEEE1394 経由で接続したドライブを共有している場合によく発生します。


とのこと、この方法の出展元はWinFAQ

これにより無事PC側に接続されているUSB HDDをDC-MC35UL2がわからアクセスすることができるようになりました。

備忘録代わり&同じ現象で悩んでいる人のためにこの記事を作成。
2017.04.12 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
参考になりました。私もUSB-HDDが共有出来なくて悩んでいました。
  • フライングブイカ
  • 2011.02.26 Saturday 14:11
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR